皆さんは、ご希望の色合いに染められていますか?

「もうちょっと明るくできないかしら・・・」
「思ったより暗い感じがするなぁ・・・」

このような印象はございませんでしょうか。

当ショップサイトでも記載しておりますように、ヘナ染めはヘナ特有の染まり方をします。
実は自分で選んでいる色とは違った色、違った染め方をすれば、好みの仕上がりに近づくケースがよくあります。
ヘナ染めで少しでも疑問に思ったことがございましたら、まずはお気軽にご相談いただくことをお勧めいたします!

ヘナ染めの色は難しそうに感じられるかもしれませんが、実はいたってシンプル。
せっかく最高品質のAAAランクで染めるのですから、ヘナ染めの色選び方を知ることで少しでも良い色合いに染まり、『ヘナ染めでもそんなキレイな色に染められるんだ!』というご実感をいただければ幸いです。

●1番多いご希望『真っ黒にしたくない!』を叶えるために
ヘナ染めが初めての方や、あまりご経験のない方から、よくお電話で色のご相談をお寄せいただきます。
ほとんどの方が、『真っ黒にはしたくない』『あまり暗いのは苦手』というご希望です。
そして、この次の流れで必ずお客様がお話されるのが、
「だとしたら、ブラウンかダークブラウンのどちらかでしょうか?」です。

ちょっと待ってください!

ヘナ染めは、色を決める前に、ご自身の髪色と白髪の割合が重要なんです。
大前提として、ヘナ染めは黒髪を明るく染めることができません。
そして何より、黒髪をブラウンやダークブラウンで染めると、色が重なってさらに濃くなり、真っ黒になってしまいます。
これは、インディゴ(ナンバンアイ葉)という植物が入っているからです。
インディゴは藍の染色効果のある植物です。
これを含むもので黒髪を染めると、明るくならずに濃くなってしまいます。

ここで大事なことは、真っ黒にしたくない方は、黒髪には染めない、ということです。

●白髪がほんの少しの方はオレンジだけで十分です!
黒髪をさらに暗くせず、白髪を目立たなくさせるには【オレンジ】がオススメです。
一見、ちょっと派手な仕上がりとなりそうですが、ご安心ください。
ベースの黒髪はほとんど変わらず、ほのかに明るくなるだけです。
白髪はオレンジ色に染まりますが、黒髪のなかに紛れますので目立たなくなります。
見た目としては、「茶色っぽい髪が数本ある」ぐらいの印象となりますので、白髪が目立つことはありません。
白髪がまだ少量の方は、黒や茶系で染めるのではなく、まずはオレンジからお試しください。

●白髪が多くなってきたら部分染め or 2度染め
白髪が多いと、オレンジで染めるとすごく派手な仕上がりになります。
そうなってきたら、白髪だけを黒や茶系で染めるようにしてください。
細かい染め分け(白髪だけに塗る)というのが難しい場合は、2度染めで染めることで、全体的に暗くならずにキレイに仕上がります。